高知県立美術館~日本近代洋画への道~

同じ四国にありながら行った事がなかった

高知県立美術館へ行く機会がありました。

 

ちょうど、幻のコレクションといわれている

ヤンマーディーゼル創業者の「山岡コレクション」を中心とした

絵画展「日本近代洋画への道」が開催されていました。

 

ワクワクしながら入ると

 

高橋由一「鮭図」がお出迎え

 

黒田清輝、司馬江漢、丸山応挙など

素人の私でも名前を聞いたり見たことのある作品群に

明治、大正、昭和を生き抜いた画家の力を感じました。

 

その中に、15代将軍徳川慶喜の風景画があり、

多芸多趣味の一面とともに、その後の生活が垣間見え

その後の方が幸せだったのかな?・・・

ちょっと考えてしまいました σ(°・°*)

 

やっぱり鑑賞の時を持つのはいいですね~

ヽ(*^^*)ノ

 

コメントする




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。