手元供養

手から手への気持ちを原点とするガラス作家の集り、

ぎやまん倶楽部から、小さな壷が届きました。

nana.jpg

部長の伊藤ナナさんは、私の作家ネットワークでユニークさ

ダントツ№1の方です。

(何しろ、日本とイギリスを日帰りする程、浮世離れした方)

 

この壷、お茶入れでも何でも使って良いと仰っていますが、

実は手元供養の骨壷にもなります。

 

ナナさんはこの壷を、ここに入る方の「お部屋」だから

中から見て綺麗になるように作っているそうです。

(浮世離れ?・・・・究極の優しい方ですね!)

コメントする




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。