広島三越美術画廊・暮夏の四人展

8月の暑い日ですが、季節は暮夏になるらしい。
そんな暮夏を四人の作家作品でホット一息つける
空間を作りました。

  

 

香川三枝子さんのステンドグラスは貫禄があります

 

 

Usapi(岩松敬子)さんのガラスと金属の組み合わせは

片耳をかっこよくしてくれる優れものです。

 

辻本喜代美さんの作品に地元岡本さんのアレンジフラーが

彩りを添えてくれました。

 

 

宇佐寛のフロートガラスはフリット(粒)入が根強い人気

 

 

画廊に穏やかな癒やしの空気が流れていたと評判の会期でした。

コメントする




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。