共同通信社・猿渡純一氏講演

経済研究会11月例会は

共同通信社編集委員兼論説委員 猿渡純一氏による

「経済政策点検ーこの政権は維持可能か」の講演でした。

今年の勉強会は今回が最終回でしたので、最後を締めくくるに

相応しい大物?のお話を聞く機会に感謝です。

?

先ず、国債と借金の関わりを違った見方で解説してくださいました。

一般政府債務残高をG7の他国と比較すると日本はずば抜けて高い

のですが、国債発行の97%が日本国内という事で

家計に例えると、お父さんの足りない分をお母さんに借りている状態と

いう説明に、次第に猿渡解説に引き込まれていきました。( ..)φメモメモ

?

また、日本郵政4分社の仕組みについて、郵便事業継続には

ゆうちょ・かんぽが必要な理由や、雇用形態の推移や経済政策の2潮流まで、解りやすく説明してくださいました。

?

今までの政権で消費税UPを掲げた政権は消滅しているそうですが

鳩山政権は消費税凍結と4年間選挙はしないと言っているので

政権は維持は明確なようです。

?

今回の猿渡さんの講演は、文字に例えるなら「ひらがな」で

お話してくださったのでしょうね、よく解りました。(^o^)丿

?

昼食後の講演で居眠り防止か?11月なのに冷房をいれた会場が

冷えて冷えて寒い中、熱いお話に感謝です。m(__)m

コメントする




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。