ミヒャエル・エンデ「モモ」

小中学生に推薦したい本のアンケートがあり、

「日本地図」「世界地図」そして、ミヒャエル・エンデ作「モモ」と答えました。

 

そこで、時間泥棒に盗まれた「人間の心」を取り返してくれた

不思議な女の子の話「モモ」を、久し振りに読みました (^0_0^)

momo.jpg

「時間」の真の意味を問う、「忘れてはいけないもの」「大切なもの」を、

そして「生きることの本質」を「モモ」は気付かせてくれます。

 

もしかして、児童図書は大人が読むものではないでしょうか?

いやぁ?、久し振りに感動しました (!o!)オオ! (!o!)オオ!