そよ風に揺れる 花のように

古代ジュエリー作家・YOUKOさんの詩。

 

 

「 そよ風に揺れる 花のように」

青空をむいて

花のように

太陽をみつめていれば

過ぎた嵐のことも

いつか忘れられる

心地良い風にゆれるように

静かに流れる時間の中で

夢をみましょう

「未来」という名の

太陽の下で

※被災に遭われた人々に、
被災に遭わなかったけれど心痛めた人々に、

この詩を捧げます。  YOUKO

 

 

(‘-‘*)アリガト♪

コメントする




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。