ミラーズウサの理念

私たちは作家とお客様を繋ぐのが仕事です。

繋ぐ(プロデュース)

自社のギャラリーや他店、百貨店などで作品展をプロデュースして作家とお客様を繋ぐのがミラーズウサの仕事です。
普段お客様と触れ合う機会の少ない作家の個展、作品展を企画、運営することで作家のファンが増え、お客様の気持ちを作家がくみ取って次の作品制作に意欲的に取り組む事ができる。
これがミラーズウサのプロデュースです。

良いものだけをお勧めする。

私たちがお客様に紹介する作品は私(宇佐幸子)やスタッフ(真鍋京子)が実際に使っています。ガラスのアクセサリーや器等の作品は私たちが使って良いと思ったものだけを紹介しています。
ギャラリーに展示してある作品は飾って眺めるだけのものだけではありません。
実際に身につけて、お料理を盛り付けて、お花を飾ってこそ本物の良さが出てきます。
100数十名の作家さんと長い年月お付き合いをしているからこそわかる思い入れ、こだわりを使ってみることで自分自身の言葉でお客様に伝えています。

育てる

お客様の要望や感想を作家にフィードバックすることも大切な仕事です。
作品を単に作るだけでなくお客様に喜ばれる作品を作ることで作家も意欲が湧いてきますし、お客様にも喜んでいただけます。
こうすることで、あまり知られていなかった作家がお客様との繋がりができて作品を求める人が多くなるとミラーズウサも嬉しいのです。

思いやりを大切に

ミラーズウサで作品をお求めになる方はプレゼント用に使われることがよくあります。
そんな時はプレゼントを贈る方の思いやりを形にするためにじっくりお話をさせていただきます。また、プレゼントを頂く方の笑顔のサプライズを思いながら作品を選び、作家に伝えるようにしています。
ミラーズウサは私(宇佐幸子)がガラスや陶器が大好きで始めました。もちろん今でも素敵な作品を見ることや、使うことが好きです。
しかし、この仕事を長い間続けてきた今では、作家とお客様の笑顔に囲まれている時が一番幸せで、生きがいを感じています。
ブログ、ギャラリー、オンラインショップで色々な作品をご覧になり素敵な時間をお過ごしいただけると幸いです。