磯谷 晴弘

硝室

「風の便り」という言葉が気になります。
自分の中にある、いにしえの記憶が、呼び覚まされるのではないかと思うからです。
囁きに似た風を大切にしています。
仕事を続けているうちに、今まで分からなかった事が、知らなかった事が、ある日
突然、知っている事、当たり前の事に変わっている事があります。風の便りにのって、何かが届いたのでしょうか。


コメントする




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。