深谷 仁美

花いろ小皿

色を重ね綴じ込めたガラスの器を、削りかたちを出すことによって、花びらが重なり合ったような模様が現れてきます。
どんな模様になるか、削る瞬間まで分かりません。ひとひらひとひら、削って出てくる瞬間のワクワク感と、出来上がった時の花が咲いた喜びが詰まった器です。菓子皿として、また大切なジュエリーを置く器として、使って頂けたらと思います。

花いろ小皿

コメントする




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。