吉岡 幸雄

敦煌発掘幡

中国 西城 シルクロード交流の道にある敦煌莫高窟は仏国士と称されるように仏教を信じる人々が開いた石窟が並んでいる。その130窟から発見された小さな幡。それは1300年前の西暦725年に制作された仏を信じる人民が自ら縫って奉納したもので、美しい絹の絞り、夾纈あるいは無地染の小さな裂地を集めて縫い合わせたものであった。これらの敦煌発掘の古代の
幡の復元を依頼されて私は2001年氷点下20度の厳寒の敦煌へと向かった。2日間の調査を終えて、帰国してから、往時の技を色彩をもとに?纈染、絞り、夾纈などの技法と藍 臙脂 茜などの染料を使って、染めあげたものです。


敦煌発掘幡


コメントする




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。