十河 隆史

入れ子鉢(大・中・小)

十河 隆史

白くマットな釉薬を掛けたやわらかな質感と、絞った高台から薄く「たわんだ」口縁へと流れる様な輪郭をもったうつわです。
それぞれが入れ子(中に重ねる事ができる)になっています。 『うつわを作るのが僕ならば出来上がったものに最初に出会うのも僕。?
できたうつわを初めて手に取った時、暮らしの中にそれがある風景を想像してみる。
僕にとってうつわとは、そんな自分の暮らしのイメージを表現する道具。?使いやすさはもちろん必要だけれど、作品としての存在感も必要だと思っている。』


入れ子鉢(大・中・小)

コメントする




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。